2013年05月06日

美梨音演奏会

WAFNA 団員の鎌倉太郎です。

本日二度目の投稿です!

今日、我らがWAFNA 稲垣団長が所属されている『がっしょうくらぶ美梨音』
(混声合唱の、第6回演奏会に行って参りました。

少人数とは聞いておりましたが、舞台に上がってきた団員をみて正直ビックリ!
こんなこと言うと怒られますが、『これで歌になるのかな?あま思いました。

しかし、いざ歌になり、予想を裏切り、実力者揃い!
それでいて、少人数を歌唱力で補おうと力む合唱団と違い、何とソフトで表現される
こと!特に入りの集中力にはゾクゾクしました。

イギリスのマドリガル、スタジオジブリ、愛唱曲集と少人数の良さをよく生かした演奏に
魅了されました。

『孫子』ではありませんが、自分達の団の特性をよく把握され、そしてその素晴らしい所をよくいかしています。

最後のステージ

『木下牧子アカペラ作品』

感動しました。

特に

『おんがく』という曲

この曲は私の友達が独唱で歌われた曲で、その時聞いて以来、大好きな曲です。

稲垣さんのソロ(テノールがお一人なので)が素敵でした!

いつも同じパートなので聞き慣れた声のはずなのですが・・・

私にはあんなにソフトに透明感のある歌は歌えないと思い、脱帽です。
やはり、歌は普段何を考えているかですね。

木下牧子は普遍性を感じられ私は好きです。

連休最終日、『さあ、明日から頑張るぞ!』
と思える活力を与えられました。

音楽とは、歌とは生きることそのものですね。

WAFNA も負けませんよ!


posted by GUEST at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。