2017年05月28日

下振り練習終了!

こんにちは、ベースのろーそくです。
ご無沙汰しております。

さて、ヴァフナの今シーズンは2月から練習が始まり、
着々と曲想を練り上げているところなのですが、
今までの練習は「下振り」による練習でした。

??

音楽をやっていない方からすると、
「下振り」って何?と疑問に思われるかもしれません。

下振りとは、本番を指揮する指揮者(K先生)に代わり、
練習を指導する指揮者を指します。
楽譜をあまり理解しないうちにぶっつけで先生の練習に入ると、
交通事故が多発する可能性がありますので、
予めある程度交通整理をする…というのが目的でしょうか。

さて、下振りは先生の代わりに練習を指導するので、
技術力や体力を要する役割です。
そんなわけで、去年までは団内指揮者のお二人が務めてきたわけですが、
今年はMさるさんが名乗りを挙げました!!


ここでMさるさんについて。
私の3つ上の先輩で、現役時代は学生指揮者でした。

学生時代所属していたコール・ポリフォニーでは、
3年生が指揮をすることになっていましたので、
Mさるさんの指揮で歌った機会はあまり無いのですが、
学生指揮者時代のお噂はかねがね伺っており、
ずっとMさるさんの指揮で歌ってみたいなあと思っていました。

そんなある日、とある飲み会でベロベロに酔っ払った私が
「Mさるさん、下降りやりなよ!」と焚き付けたらしく(本人の記憶はない)
Mさるさんに下振りの挑戦して頂くこととなりました。


さて、先週の土曜日はそんなMさるさんの最後の下振り練習でした。
(実際には、あと二回強化練習というのがあります)

…期待通り、すごく楽しい練習でした!
なんというか、Mさるさんの曲に対する思いが歌い手に伝わったようで…
(と本人に伝えたら、「今までろーそくの気合の入れ方が足りなかったせいじゃないか?」と怒られた)

image2.JPG
↑Mさるさんの練習シーン
「オルガンのN先生に伝わるように…」と名言が飛び出した

そんな楽しい練習の後は、もちろん飲み会ですよね。
image1.JPG
↑下振り練習が終わり、肩の荷が降りた?Mさるさん


いやー、私が言い出しっぺみたいで大変恐縮ですが、
Mさるさん、下降りお疲れさまでした!


下振り練習が終わり、これからはK先生の練習です。
改めて演奏会を成功させるべく、気合を入れ直す私なのでした。
posted by chorwafna at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: