2017年09月09日

♪第2ステージ『コダーイ無伴奏男声合唱曲撰』♪

Everyone!
Long time no see セカンドテノールの愚かなる道楽者、鎌倉太郎です。

前回、マリちゃんのブログで紹介されていましたが、先週WAFNAは合宿でした。
そこで、ステージ順が正式に決まりました!

・『冬の日の記憶』(中原中也・詩/多田武彦・曲)
・『コダーイ無伴奏男声合唱曲撰』(コダーイ ゾルターン・曲)
・『時代』(ニューミュージックと呼ばれた歌たち)
・『St.Crispin`s Day』(シェークスピア・詩/スティーブ ドブロゴス・曲)

これから練習も佳境に入って参ります!

ところで、皆さん、『コダーイ』をご存知ですか?

1-1.jpg

コダーイ・ゾルターン(1882~1967)はハンガリーを代表する作曲家です。ハンガリー各地に残る民謡を収集、探求し、西欧音楽にハンガリー民謡の要素を取り入れた独自のスタイル確立しました。今年は没後50年に当たるメモリアルイヤーでもあるのです。

私が初めてコダーイの曲に出逢ったのは、今を遡る事30余年、私が現役の大学生の時でした♪



今から思うと、幾分声の幼さを感じますが、私はこの『マトラの風景』を歌った時、その東洋的響き、そしてコダーイの自らの故郷ハンガリーに対する溢れんばかりの愛情に深く胸を打たれました。爾来私の中で『コダーイ』は終生忘れえぬ存在となりました。

1-3.jpg

WAFNAでは、各曲ごとに班分けをして曲について調べています♪
私は当然の如く『コダーイ班』に所属いたしました!
コダーイはハンガリー各地を巡り(時には盟友バルトークと共に)、当時出だしの録音機材を持参して、民謡を収集しました。その時の苦労はいかばかりかと思うと頭が下がります。20世紀初頭、世界は急激な重工業化が進み、それまでの文化の多くが失われていった時代です。そんななか、コダーイ達の仕事は本当に大切で貴重なものだったのです。そして、収集した膨大な民謡をもとにして、多くの合唱曲、オーケストラの曲が生まれました。

1.jpg

それはさておき、『ハンガリー語』にはとても苦労しています(笑)

『ハンガリー語』は単語の頭に必ずアクセントがくるので、楽譜に単語が分かる様に印をつけました!
単語の意味も書き込むと、歌に対する理解もまた深まるものです♪

20170909_143255.jpg

ゆく夏を惜しむがごとくムクゲノ花が麗しく咲いていました。

最後に私の座右の銘

『真にグローバルたらんとすれば、真にローカルであること!』By伊福部昭(ゴジラの作曲家)

コダーイも同じ思いだったと思います。

皆さん、10/21(土)武蔵野市民文化会館でお会い致しましょう!
http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/bunka/access.html











posted by GUEST at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: