2019年06月30日

北原白秋 歌枕巡り 三浦三崎城ヶ島の旅(Part.2)

こんにちは、ベースのろーそくです。

ご指名を受けた気が致しますので(笑)
城ヶ崎ツアーの続きを綴っていきたいと思います!

さて、今回のツアーの舞台は、三浦半島の三崎・城ヶ島。
三浦半島といえば、読者の皆様は何を思い浮かべますか…?

そう、日本有数の漁獲量を誇るマグロを始めとした海鮮です!

もちろん、ツアー参加者のおじさんも
舌鼓を打ったわけであります。

というわけで、今回はグルメ編です(笑)


朝9時に三崎口駅に集合し、白秋の足跡を辿った我々。
12時を過ぎる頃には、当然お腹もペコペコ。

今回は、鎌倉太郎さまおすすめの食事処へピット・インしました!

DSC_0781.JPG

「ここの魚は美味しい」とは、
鎌倉太郎さまの受け売りですが、本当に美味しかった!

DSC_0780.JPG
地魚定食!これが1,500円?とは、本当にお値打ちでした!
身がプリプリとしていて、新鮮そのもの!
(あれ、昼間だっていうのにビールが見えますね?)


何より驚いたのはコレ!!
DSC_0779.JPG
分かりますか??


これ実は…



法螺貝なんです!

山伏が吹いている印象しかありませんでしたが、
身が食べられるなんて初めて知りました!

噛めば噛むほど旨味が出てきてボーノ!でした!
臭みも全くなし!


城ヶ島の味覚を存分に堪能した我々でした!
(ビールに冷酒で真っ昼間からほろ酔い気分〜〜)



その後、城ヶ島を再度散策した我々。
前回の記事でも紹介しましたが、馬の背洞門で記念写真!

DSC_0783.JPG
余談ですが、幅広い年齢層で構成されているコール・ヴァフナですが、
こんなふうに文字通り距離感が近いのは魅力の一つだと思います。
(ネット風に写真のタイトルを付けるなら、ズッ友でしょうか)



もちろん、その後も白秋に思いを馳せながら?お酒をたしなみました。
DSC_0784.JPG
城ヶ島と三崎港を結ぶ渡し船からの眺めです。
城ヶ島大橋が完成したのが1955年とのことなので、
白秋もこの景色をきっと眺めたことでしょう。

DSC_0785.JPG
もちろん、船の中でも杯を交わしたわけですが(笑)
(渡し船の乗船時間はわずか5分です)

そして、ツアーが終われば当然打ち上げ!
DSC_0786.JPG


あれ、ここまで書いて白秋の研究と飲みのどちらがメインなのか、
分からなくなってきました(笑)

まあ、今回の曲を歌う上で思い浮かべる情景があるというのは、
きっとプラスになることでしょう!


鬱陶しい梅雨の季節ではありますが、
皆様も三崎・城ヶ島へ訪れてみてはいかがでしょうか?
posted by chorwafna at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: