2019年06月15日

北原白秋 歌枕巡り 三浦三崎城ヶ島の旅

セカンドテノールの愚かなる道楽者、鎌倉太郎です。

再びの登場、お許しください(笑)

さて、WAFNAでは昨年に引き続き、
北原白秋の詩を歌います。

『三崎のうた・第二』(多田武彦作曲)です。

詩人北原白秋は、大正2年(1913年)5月から約9か月間、
神奈川県三浦半島の突先、三浦三崎に住んでいました。

その後、小笠原父島、小田原と転居を重ねるのですが、
三浦三崎在住の時によんだ詩や、その想い出を民謡調にした詩に、
作曲家の多田武彦さんが端正に男声合唱組曲にしあげました。

私の故郷鎌倉とも近いので、(道楽の虫)が『づん』と疼きだし、
WAFNA団員有志で、
6/8(土)『北原白秋 歌枕巡り 三浦三崎城ヶ島の旅』を企画致しました!

先ずはやはり、城ヶ島ですね〜
私達の日頃の行いが良い(笑)ので、心配していた雨もあがり、
薄曇りのとても歩くのによいお天気となりました。

IMG_0035.jpg

島に渡り、今見ごろを迎えた紫陽花の小径を抜けるとそこに有名な歌碑がありました。

DSC_0534.JPGDSC_0535.JPG

『城ヶ島の雨』

〽雨はふるふる城ヶ島の磯に 利休ねずみの雨がふる♪

三崎在住の時に、白秋の詩が初めて歌謡になった曲です。

日本歌曲が好きな人にはたまらない名曲ですね。
私ももうかれこれ40年近く雨が降ってくると口ずさんでしまいます♪

この歌碑は昭和24年(1949年)にできたようで、今年で70歳になるわけですね!
時移り、星流れ、春風秋雨幾星霜、風雪に耐えながら、白秋の想いを、
伝えているのですね。名曲とはそのようなものなのです。

隣接する『北原白秋記念館』に立ち寄りました。

そこに、北原白秋が昭和14年(1939年)に書いた文章があり、読んだところ、
あまりの面白さに大爆笑してしまいました。

『この頃、三崎名産(白秋漬・城ヶ島の雨)という瓶詰の昆布煮が無断で売られているのに驚いた。』
『(利休鼠の雨が降る)というのは、どんな鼠が降ってきますか?ときかれて苦笑した。』

※利休鼠:緑色がかった灰色

ユーモアあふれる文章に人柄が偲ばれます。

IMG_0043.jpg

その後、島内を散策、この岩に波がぶち当たるのを見て、
思わず某映画会社のことを思い出すのは私だけでは無いはずです(笑)

白秋も同じ景色をみていたのでしょうね。

IMG_0053.jpg

(馬の背洞門)まさに『天然の美』ですね♪
ツアー参加のオジサン達です(笑)

今回は城ヶ島だけでなく三崎の白秋が実際に住んでいた場所も訪ねました。
見桃寺(けんとうじ)です。

IMG_0030.jpg

日本全国に白秋の歌碑は沢山あるでしょうが、
これは白秋生前、本人出席のもと除幕式を迎えた、
唯一の歌碑です。(昭和16年・翌17年白秋逝去)

DSC_0532.JPGIMG_0033.jpg

その後、散策中、あるバス停に遭遇しました。

〽惚れりゃ、ねこそぎ西浜がよひ♪

今回歌う組曲『三崎のうた・第二』の終曲『鰤網(ぶりあみ)』
の一節です。

漁師たちが、丘にあがり、『西浜』というところで、
(ねこそぎ)遊んでいるのでしょうね。
この詩の『西浜』がこのバス停の『西浜』かは今となっては知る由もありませんが、
バス停の目の前は、老舗のマグロ料理やさんが現在もあります。

さて、ただ私達は真面目に歌枕を巡っていただけでありましょうか・・・?

その辺りは選手交代で次につづきます!





posted by GUEST at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

🎼浜辺の歌♪


セカンドテノールの愚かなる道楽者・鎌倉太郎です!

大変ご無沙汰いたしました。
史上最大10連休も今日でおしまいですね。
皆様、如何お過ごしでしょうか?

DSC_0406.JPG

私は『平成』最後の日、安芸の宮島・厳島神社にお参りしました。
この地区の砂浜は花崗岩が砕けてできているらしく黄色ですね。
ふと、映画『二十四の瞳』の瀬戸内海の修学旅行の場面で、
『浜辺の歌』を歌うシーンを思い出しました。

WAFNAは今年、団内指揮者ステージで、
『日本抒情歌曲集』(林光:編曲)を演奏します。
そうです、そのなかで『浜辺の歌』を歌うのです。

つい『あした浜辺をさまよえば〜♪』と口ずさんでしましました。
抒情歌を歌うと、故郷の海に会いたくなりました。

DSC_0451.JPG

時代は『令和』となり、昨日、朝6時に、
故郷鎌倉の材木座海岸を訪れました。
こちらは砂鉄分が多いので灰色ですが、
やはり私には馴染み深いですね。

DSC_0474.JPG

今では少ないですが、鎌倉の浜辺では桜貝の貝殻が、
見つかります。徒然なるまま私は、桜貝を拾いました。

『浜辺の歌』を歌いながら

あした浜辺を さまよえば
昔のことぞ 忍ばるる
風の音よ 雲のさまよ
寄する波も 貝の色も

夏には花火大会があります。
子どものころ祖母と一緒に浜辺で観ました。
海の向こうは西方浄土。
花火を観るとお盆の送り火を思い出します。

早朝、約2時間、鎌倉の浜辺をさまよいました。

DSC_0460.JPG


浜辺の逍遥を終え、御成町のスタバで珈琲ブレイク。
藤の花は今が盛りです。

さあ、明日からまた日常が始まります。
そしてWAFNAの練習もこれから本格的になります。

『日本抒情歌曲集』どうぞお楽しみに♪
posted by GUEST at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

初混声練習!

こんにちは、ベースのろーそくです。
ご無沙汰しておりました…(汗)

さて、季節も変わり春ですね!
ということで、ヴァフナも今シーズンの活動がスタートしております。
まずは、演奏会のお知らせを。


10月5日にお会いできるのを楽しみにしています。


ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
今回の演奏会は35年という節目の演奏会なので、
「記念ステージ」として混声の曲を演奏します!

記念ステージは2014年の第30回演奏会以来で、5年ぶりとなります。
ヴァフナは男声合唱団ですが、この記念ステージは
歌い手・聞き手どちらからも評判がよく、
楽しみにしている方が多いと聞いております。

かく言う私もその一人でして…(笑)
普段は混声合唱を歌う機会がないので、
新鮮な気持ちで毎回歌わせて頂いております。

あとは、記念ステージがあると、
練習後の飲み会が華やかになるので嬉しいです(ボソッ)


さて、昨日はそんな記念ステージの初練習でした!

DSC_0654.JPG

初の練習ということで、一部苦戦する箇所もありましたが、
そこは合唱好きの皆さんです!
木下牧子さん特有の美しい和音の鳴ったところもあって、
背中がゾクゾクするのを感じました。

「ゾクゾク」をもっと感じられるようになれば、
お客様にもきっと感動を届けられるはず!

世間では10連休ですが、歌の練習の時間を少しでも取って、
自己鍛錬に励みたいと思いまーす。
posted by chorwafna at 14:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする