2018年06月03日

🎼 今年も『ハンガリー男声合唱曲集』♬


WAFNA第34回定期演奏会『ハンガリー班』の鎌倉太郎です(笑)


六月に入りましたね。もうすぐ梅雨です。

鎌倉は紫陽花の季節になりました。

昨日の朝、円覚寺で麗しく咲く紫陽花に出逢いました。


20180602_073236.jpg


さて、今年も外国曲は昨年に引き続きまして、『ハンガリー男声合唱曲集』を歌います♪


※昨年の定演『夕べの歌』(作曲:コダーイ)です。




今回はコダーイだけでなく、その盟友バルトーク、年齢も1歳しか違わない、正にハンガリーを代表する二人の作曲家の作品を演奏します。

曲目は


・聖イシュトヴァーン王への賛歌(作曲:コダーイ)

・イエスは告げた(作曲:コダーイ)

・四つの古いハンガリー民謡(作曲:バルトーク)


です。


昨日の練習風景です。



団内指揮者によるハンガリー語の練習

20180526_130404.jpg


Mさん作成の秀逸なる歌詞資料

20180602_160439.jpg


熱心に練習する(?)団員達

20180526_130328.jpg


20世紀初頭、コダーイとバルトークは、時には共に、ハンガリー各地の農村部に旅をして、現地でこのままでは滅んでしまう民謡を録音収集し、それを元にして、合唱曲や、器楽曲を多数作曲したのです。このことは私達や、未来の人々に対して先人の残した『最高の贈り物』だと思うのです。その苦労と、その有難さを思うと私はジーンと来て目頭が熱くなります。


20180601_054844.jpg

六月は紫陽花だけでなく、花菖蒲の季節でもあります。
(紫陽花・花菖蒲)(コダーイ・バルトーク)時には一緒に美しい花が咲くこともあるのです。

さあ、練習もこれから本格化!

We shall practice hard with brilliant heart.
We can do it!

See you soon.



posted by GUEST at 07:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

「YUME」

トップテノールの森です。

頭の中が蛙とamenでいっぱいの今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて、今日はポピュラーステージの初練習でした。指揮は鬼塚さんに執っていただいております。

今年度は、三沢治美先生によるポピュラーメドレー曲集から、「YUME」を演奏会で披露します。

このシリーズを取り上げるのは、1昨年の「SORA」に続いて4度目になります。

シリーズの特徴は、叙情曲のアカペラでスタートし、幅広い年代の日本のヒット曲のメドレーが後に続く形で構成されているところです。各曲の切り取られ方は様々ですが、曲集のテーマに関係するフレーズが必ず入っていること、サビは必ず歌うようになっているようです。

と、説明したところで、今回の「YUME」ですが、他の曲集と少し異なり、1曲目の「故郷」以外は60年代から70年代の曲で構成されています。70年代後半生まれの私が生まれる前の曲ばかりでした。高度経済成長期は、国民全部が、いわば日本が未来を

夢見ていた時代だったのかもしれません。

この「YUME」に、WAFNAの団員はどのような夢を重ね、演奏会で皆様にお届けできるでしょうか。こうご期待ください。


posted by GUEST at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる

るんるん るるんぶ
るるんぶ るるん

るてえる びる もれとりり がいく。
ぐう であとびん むはありんく るてえる。

蛙.JPG

声に出す言葉絵本
https://www.ehonnavi.net/ehon/14808/%E3%81%94%E3%81%B3%E3%82%89%E3%81%A3%E3%81%B5%E3%81%AE%E7%8B%AC%E7%99%BD/

にもなった「ごびらっふの独白」
日本を代表する詩人、草野心平は蛙の詩を数多く残したことでも知られますが
「ごびらっふの独白」は自我を持った蛙が一人、
夏の夜にけたたましく叫び始めます。

何を言っているのわからないですが、ご丁寧にも草野先生は
我々にもわかるように日本語を付けてくださったので、
彼の独白を聞くことができるのです。

  日本語訳

 幸福といふものはたわいなくつていいものだ。
 おれはいま土のなかの靄のような幸福に包まれてゐる。

おお、なんと哲学的な彼。
ごびらっふ の運命は如何に。
続きはまた練習後。。

 ぐぶうと一と声。
 蛙がないた。

チラシ全面.jpg

チラシデザイン・文責:いいじま




posted by GUEST at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする